不動産賃貸市場,不動産売買市場,不動産投資市場

TOP

はじめまして

はじめまして、日本AMサービスの堂下と申します。
生活には「衣・食・」が必要ですが、今回は住の部分である不動産について皆様に情報をお伝えさせて頂きます。

家族

不動産は皆様が生活をする上で様々な形で接していると思います。学生の頃であれば「賃貸」、結婚をされて御家族ができれば「購入」、転勤の際に「賃貸」「売却」、不動産オーナーになれば「投資」と色々な形で接しています。こうして皆様の生活に綿密に接し一生お付き合いをしていくのにも係らず、多くの方が「信用して住居の事を任せられる」という不動産会社がいないと言うのが現状ではないでしょうか。

当サイトは不動産市場を様々な視野から視た、現状で発生している不動産市場の真実を皆様に情報提供をする事により、「怪しい・胡散臭い業界」から不動産業界と消費者の方が真に結びつき、「win-win」の関係に少しでも近づけるためのサイトになります。

情報化社会になった今でも効率的な取引が行われない事による消費者の機会損失、そうした機会損失の数多くが社会、この業界に大きな影響を与えています。
こうした機会損失の大きな要因は情報操作をする事です。本来であれば「早く」「高く」「安く」「多く」不動産取引が行われるのにも係らず、情報操作をする事により、多くの機会損失が発生しています。こうした状況の中で消費者の方が不動産市場の真実を知る事により、情報格差をなくし「win-win」の関係を構築できる不動産業者を選定して頂く事により、サービスの向上はもとより、不動産業界全体の向上になる様に今後の試金石になる事を切に望みます。

当サイトの情報をご利用頂くにあたり

 当サイトは不動産業者と消費者との情報格差をなくし、不動産業者側にとってはサービスの向上を意識してもらう様に、消費者側にとっては「good」「bad」業者を選別して頂きクリーンな不動産市場を作り、不動産価値の向上のためにあります。

情報をご利用頂き実際に業者と接するにあたり、以下のルールを忘れないようにしてください。

  • 素直な気持ちで不動産業者をご利用下さい。
    • 不動産業界に悪いイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、悪質業者とは付き合わなければすみます。良い業者を見つける努力が大切です。
    • 交渉等が思い通りに行かない場合でも、業者の能力だけが要因ではありません、貸主、売主の立場になってみるのも大切です。
  • 独自の考えをお持ちください。
    • 投資スタイル、賃貸・売買の物件選別はあくまでも皆様の御希望が優先されるべきです、営業トークもありますが、明確な考えを持つことが大切です。
    • 物件情報の開示数を求めるのではなく、求めている物件のイメージ、条件を確実に業者に伝える事が重要です。
  • 図面より、現地が大事
    • 図面には織り込まれていない条件があります。必ず図面の条件通りの間取・設備等を現地を見て確認する事が大切です。
    • 周辺の状況は車での案内であったとしても、物件内覧の行き帰りのどちらかは最寄駅及び近隣の設備を歩いて確認する事が大切です。

是非 当情報を活用下さい!!

ご質問・ご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

共有のお願い
もし当サイトが他の方のお役に立つと思って頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。運営者のモチベーション維持にもつながります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional